税理士って何?

税理士は税務に関する専門家で、個人や企業に対して税金に関する様々なサポート業務を行ってくれます。所得税や相続税、固定資産税など様々なタイプの税金がありますが、それらを円滑に納められるように助けてくれるほか、自己破産の相談にも乗ってくれます。

税理士の業務内容

電卓

税務の代理業務を行う

税の仕組みは素人には難しいため、所得税や贈与税、相続税などを計算し、納税者の代わりに税務署に税金の申告を行います。また、税務調査が入った時には立会い、担当官と議論をしたり、納税者の代わりに説明や主張なども行ったりします。

税務書類の作成業務を行う

確定申告や中間報告書などの作成の他、決算書や中間決算書、年末調整の書類作成業務を行います。その他にも、伝票整理や残高試算表の作成、源泉所得税納付書の作成や給与計算も行います。単発だけでなく、顧問として継続して行うこともあります。

税務相談の業務を行う

税務官公署に対する主張、申告書等の作成、租税の課税標準等の計算など税金に関する様々な相談に乗ってくれます。また、対面やオンラインで税務相談だけでなく経営相談に乗ってくれることもあります。

お金のことは信頼できる税理士にお任せ!

信頼できる税理士に任せると、仕事に全力を尽くすことができるため仕事の効率も上がるほか、確定申告の時期になり焦る必要もありません。また、特例などを使って税金を安くすることもでき、税に関するストレスが無くなります。

家族信託と生前贈与を比較

家族信託は贈与ではない

家族信託は、財産は受託者の口座に移されるものの、その財産が受託者のものになるわけではありません。名義自体は受託者のものであっても、あくまでも財産の運用管理という名目になります。そのため、贈与ではないので贈与税は課されません。

生前贈与は税金が課される

生前贈与は1年に110万円以上の贈与が行われると課税対象となり、贈与税を支払わねばなりません。財産は受贈者名義になり、自由に使用することができます。他にも控除の方法があるので、税金の負担を軽くすることは可能です。

得意分野をチェックしておこう【税理士相談へ行く前に】

相談

税理士に相談する際に知っておきたいこと

税理士には得意分野があるので、どの分野を得意としているのか把握しておくことが大事です。そして、レスポンスが早いかどうか見極めることが大事です。確定申告の前月に何百万円という納税金額を知らされても、資金繰りに困ってしまうこともあるからです。また、経営指導のできる税理士の方が、できるだけ現金を残しながら経営を組み立てる方法をアドバイスしてくれるので有益です。初回は無料で相談できることが多いので、税理士の態度などを見て判断すると良いでしょう。上から目線や偉そうな態度をとる税理士は避け、サービス精神を持った税理士を選ぶのが賢明です。