HOME>特集>交通事故トラブルで困ったら【弁護士相談を利用しよう】

弁護士に相談できる内容とは

弁護士に相談できる内容は、交通事故の示談や賠償金の請求、フランチャイズ契約に関するトラブルや相続問題、未払いの残業代の請求や不当解雇、離婚調停など、民事から刑事まで様々な事柄を相談することができます。

交通事故トラブルで困ったら【弁護士相談を利用しよう】

ジャッジガベル

交通事故トラブルに特化した弁護士に依頼するメリット

交通事故では、法的な知識を持っているだけでなく、付随する様々な知識を持っていることが適切な損害賠償金を得るために必要となります。後遺症の認定のポイントや、交通事故案件の過去の事例に詳しい弁護士の方が、より有利に進めてくれます。また、交通事故の賠償金は金額が大きくなることもあり、弁護士の報酬も成功報酬型となることが多いですが、交通事故に特化した弁護士なら、示談交渉や現場検証にかかる費用なども明確に提示してくれるので資金繰りも安心です。

初めて弁護士に相談する人から寄せられた質問

弁護士と天秤

弁護士の相談料の相場は?

弁護士や案件によって相談料金は異なりますが、一般的には30分5000円が相場となります。電話やメールで確認してみると良いでしょう。

どのようにして探せばよいのか?

知人に紹介してもらったり、弁護士会や自治体、法テラスに問い合わせたり、インターネットで検索したりホームページを見て探す方法があります。

まずは無料相談を活用しよう!

多くの弁護士事務所では、初回の相談は無料で行っていることが多いため、利用してみると良いでしょう。弁護士との相性や、対応の良し悪しを依頼する前に判断できるので有益です。

行政書士と弁護士の違いとは

弁護士は行政書士の仕事も行える

弁護士は、民事事件の和解や示談交渉、訴訟や不服の申し立て、刑事事件の弁護のほか、民事事件の事務業務や許認可手続き、官公所に提出する書類の作成が行えます。

行政書士は書類作成が主な仕事

行政書士は観光所に提出する書類の作成が主な仕事で、書類作成に関する相談や監査などを行いますが、法に関する相談は受けられません。